女性の活躍推進
 青い森信用金庫では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき、次のとおり行動計画を作成いたしましたので公表いたします。

青い森信用金庫 行動計画

女性が管理職として活躍でき、職員全員が安心して長く勤められる職場環境整備を構築するため次の通り行動計画を策定する。
1.計 画 期 間
2020年4月1日 〜 2024年3月31日
2.当金庫の課題
課題1 : 管理職に占める女性割合が低い
課題2 : 職員の公私充実のため、効果的に有給休暇を取得させたい
3.目標と取組内容・実施時期
目標1 : 管理職(副長以上)に占める女性割合を25%以上にする(計画期間終了時点)
【 取 組 内 容 】
  ○2020年  4月 〜 女性の営業担当長を融資担当長を兼務とする統括担当長として配置し、
支店経営者としての資質を磨く。
  ○2020年  5月 〜 CISマイスター研修を継続的に実施し、窓口業務でのスキルアップに特化しながら、
女性職員全体の能力向上を促す。
  ○2020年  9月 〜 管理職昇格用件を満たす、または昇格要件を満たす見込みの女性職員との面談を実施し、
管理者意識の醸成を図る。
  ○2020年  通期 女性活躍プロジョクトチームを中心とし、女性目線を活かしながら職場環境の改善化を図る。
  ○2020年  通期 店舗間交流研修により、他地域の店舗特性や顧客特性を知り視野を広げる。
目標2 : 有給休暇取得率を60%以上とする
【 取 組 内 容 】
  ○2020年  4月 〜 所属長に対し、正規職員・非正規職員の有給休暇取得について法的な側面も併せながら
周知を図る。
  ○2020年  4月 〜 所属長の実績管理項目の中に、有給休暇取得状況管理についても盛り込み、
職場全体として有給休暇を取得しやすい就業環境を作り出す。
  ○2020年  4月 〜 規定化されているリフレッシュ休暇のほか、記念休暇等有給休暇を取得しやすい環境整備のため
各部署での工夫を促す。
  ○2020年 12月 〜 有給休暇取得率が低い部署の所属長とのヒアリングを実施し実態把握を行う。

◇ 「女性の活躍に関する情報公表」について ◇

   当金庫では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)で規程されている情報公表項目(全14項目中13項目)を公表いたします。
 公表内容は、別途PDFファイルのとおりです。

情報公表項目
◇ 女性管理職の割合比率目標ついて ◇

   女性活躍推進については、持続的成長を実現するための成長戦略のひとつとして、社会的要請が高まっている中、当金庫の職員男女比率は、男性56.7%、女性43.3%(2019年4月1日時点)となっており、管理職については、男性77.5%、女性割合22.5%となっております。
 今後、当金庫が地域の皆さまとより一層成長していくためには、女性の考えや価値観を取り入れていくことが必要となります。女性職員がそれぞれの役割の中で最大限の能力を発揮し、より活き活きと笑顔で活躍できる環境と風土づくりを構築してまいります。
 また、これまで配置の少なかった部署への積極的な女性配置を検討し、職域拡大にも力を注いでまいります。

目 標
2023年度(2024年3月31日)までに、管理職に占める女性割合を25%以上にします。
上記管理職とは、労基法41条該当者ではなく、「部下を持つ職務以上の者、部下を持たなくてもそれと同等の地位にあたる者」といたします。
◇ 研修実施状況について ◇

 
○「女性リーダー養成研修」
  実施日 : 平成28年9月5日〜6日
  対象者 : 女性管理・監督職65名

  <主なカリキュラム>
  ・指導・育成の課題
  ・理想の上司とは
  ・管理職としての接遇5原則・心構え
  ・部下との信頼関係構築
  ・女性管理職の特性
  ・話の聴き方・褒め方
  ・自分に足りないものは

○「アンガーマネジメント研修」
  実施日 : 2019年6月19日〜20日
  対象者 : 女性管理・監督職48名

  <主なカリキュラム>
  ・怒りに関する上司と部下の関係
  ・問題となる4つの怒り、怒りの性質
  ・怒りの対処術(短期テクニック、長期テクニック)
  ・上手な叱り方(叱り方の条件、悪い叱り方の例)
  ・アンガーマネジメント診断

○主なカリキュラム
 ・女性向け融資基礎講座
 ・家庭教育セミナー      他

◇ 「私たちの誓い」の制定について ◇

   青い森信用金庫では、今まで以上に地域のお客さまとの“ 笑顔 ”を大切にし、また、今まで以上に“ お客さま第一 ”での接客応対を目指す必要性があると考えております。今後、地域のお客さまから、より一層の“ 笑顔 ”をいただけるよう、次のとおり金庫訓「私たちの誓い」を掲げ、役職員一同行動してまいります。


◇ 「CISマイスター・プロジェクト」の実施について ◇

    青い森信用金庫研修計画において、平成27年度より「ホスピタリティ・マインドの醸成と能力向上〜ホスピタリティ・接客応対地域No.1への挑戦〜」を掲げ、CISマイスター・プロジェクトを導入し実施しております。
 CIS(Customer Impressive Satisfaction:顧客感動満足)マイスターとは、社団法人日本CIS認定協会のロールプレイング(実技検定試験)による「接客・セールススキル検定制度」となっております。
 CISマイスターの資格試験合格者は延べ116名(女性職員の45.7%:2019年4月1日時点)となりました。今後も、引続きCISマイスターの増加に努め、女性職員のスキル向上、接客応対の向上、マナー向上に努めてまいります。
 また、女性による店舗環境整備にも力を注ぎ、明るい店舗を構築してまいります。

◇ 女性活躍推進プロジェクトチーム「Happy Carry Project」(通称:はぴきゃり)の設置 ◇

   女性職員一人ひとりが個性と能力を最大限発揮できる環境整備と、青い森信用金庫の更なる活性化を図ることを目的として、女性活躍推進プロジェクトチーム「Happy Carry Project」を設置いたしました。
活動開始日 :
 平成30年7月
活動テーマ :
 ①女性のキャリア開発
 ②営業担当の業務効率化・事務改善
 ③店舗の環境整備
 ④商品開発・非金融部門での取組
 ⑤地方創生への取組企画  など
    
◇ ワーク・ライフ・バランスにおける取組事例ついて ◇

    当金庫では、月2回ノー残業デイを実施するとともに、リフレッシュ休暇(年間10日間)の取得を義務付けています。また、子供が小さい場合は、短時間勤務(最高2時間)を利用することが可能となっております。
 これらの取組みは、職員の勤務時間にメリハリを与え、家族との時間や個人のプライベートの時間を大切にすることで、より職員一人ひとりの生産性が向上するものと考えています。
 また、青森県の「あおもりワーク・ライフ・バランス推進企業」に登録しており、介護休業の実施、パート・契約職員から正規職員への登用制度の実施、また、やむを得ない事情(夫の転勤や親の介護等)にて退職した職員が、また復職できる「職員復職制度」を平成27年4月に導入し、より働きやすい環境整備を行なっています。

 

  | HOME |  
Copyright(C)2009 Aoi Mori Shinkin Bank All Rights Reserved.