青い森信用金庫トップ

  • このサイト内を検索

インターネットバンキング

おすすめ商品
経済概況
(漁業・水産加工業:八戸地区)※詳細はこちら
  • 八戸港の水揚は、全体で数量781トン・金額182百万円と、前年同月比で数量は14.0%減、金額は32.0%増となった。 数量は2015年5月の797トンを下回りこの10年間で最低で、金額も2021年4月の138百万円に次いでこの10年間で二番目の低さとなった。
  • 水揚げは中型トロールを中心として、数量ではスケトウタラ374トン、タラ78トン、ヤリイカ43トンが多くなっている。 また、金額ではヤリイカ29百万円、スケトウタラ20百万円、タラ14百万円、キチジ11百万円などだった。
  • 水産加工品では「宅飲み」のつまみ需要等で塩辛類が好調。しめさばの販売も堅調。 輸出向けしめさばも回復傾向にあるがコロナ禍前にはまだ戻らず。飲食店向け業務用商品の回復も遅れている。
(建設業)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸建設業協会の官公庁工事新規受注高は、前年が複数の大口工事受注がみられたことから、 前年同月比47.8%減と前年からほぼ半減し2カ月ぶりに前年を下回った。地元建設業者(6社)の民間工事は、同23.6%増と3カ月連続で前年を上回った。
  • 青森地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、例年発注が少ない時期であったが順調な受注状況となり、同85.3%増と3カ月連続で前年を上回った。 民間工事は、建築で高水準な実績となったことから同230.6%増と6カ月ぶりに前年を上回った。
  • 十和田地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、建築の受注は前年を下回ったが土木が大幅に伸びたことから同2.7%増と、4カ月連続で前年を上回った。 民間工事は、建築・土木共に前年実績には及ばず、同43.3%減と3カ月連続で前年を下回った。
(鉄工業 八戸地区)※詳細はこちら
  • 地元業者(8社)の鉄骨工事の新規受注高は前年同月比1806.7%増の286百万円、受注残高は1,988百万円で前年同月比31.7%減となり2月から4カ月連続で前年同期比減となった。 製缶工事の新規受注高は前年同月比128.9%増の87百万円。受注残高は前年同月比35.8%増の1,070百万円と2020年3月以降15カ月連続して前年同期を上回っている。
(個人消費)※詳細はこちら
  • 八戸地区の個人消費は、前年同月比は上回ったものの増加の幅は4月を下回った。 昨年5月の特別定額給付金の支給とそれに伴う個人消費の一時的な底上げからこの5月の増加幅が縮小したとみられる。 各業種の5月の売上は、4月同様、昨年を上回るものの一昨年と比較すると8~9割程度に留まっている。大型小売店5店の売り上げは対前年同月比4.2%増だったが、 一昨年と比較すると16.2%の減少となった。新車登録台数は、普通乗用車と小型乗用車を合わせた乗用車全体で前年同月比 3.6%増の341台と前月より上げ幅は縮小したが2か月連続で増加し、 軽乗用車も前年同月比69.8%増の253台とこちらも2カ月連続の増加となった。
  • 青森地区は、外出自粛や各種イベントの中止、天候不順もあり、衣料品を中心に動きは鈍かったが、前年の大幅な落ち込みの反動から売上を伸ばす店舗があった一方、 前年に特別定額給付金支給で売上を伸ばした店舗では売上を落とす店舗も見受けられた。大型小売店は、前年がゴールデンウィーク中の休業による減少の反動から、 売上高は同14.3%増と3カ月連続で上回ったが、一昨年比では19.5%減と4月よりマイナス幅は拡大した。
(雇用)※詳細はこちら
  • 各地区の有効求人倍率(全数)
  • 八戸地区    1.29倍(前年比0.04ポイント増 前月比0.04ポイント増)
  • 青森地区    0.88倍(前年比0.02ポイント増 前月比0.07ポイント減)
  • 十和田地区 1.11倍(前年比0.23ポイント増 前月比0.02ポイント増)
(金融機関コード:1105)
〒031-0086 青森県八戸市大字八日町18番地
ホームページからのお問い合わせ
Copyright © All Rights Reserved.