青い森信用金庫トップ

  • このサイト内を検索

インターネットバンキング

おすすめ商品
経済概況
(漁業・水産加工業:八戸地区)※詳細はこちら
  • 2022年4月の八戸港の水揚は、全体で数量615トン、金額166百万円で、前年同月比で数量は56.1%減、金額も36.0%減となった。累計で、3,616トン・1,164百万円で、それぞれ対前年同月比13.1%減・2.3%減となっている。
  • 4月における数量615トンは過去10年間において最高だった2016年4月の1,813トンの33.9%で、8番目だった。また金額166百万円は同じくこの10年間で最高だった2016年4月の602百万円の27.6%で過去10年間では9番目だった。
  • イカ釣りは、4月は整備期間のため水揚げはなし。ロシアによるウクライナ侵攻との関係で、操業を避ける漁船が出てくる可能性もある模様。
  • 大型巻き網、中型まき網いずれも八戸港への水揚げはなし。小型巻き網漁は先月に続き休漁中。
  • 大型トロールは3月中旬に蔵入れした製品を販売。数量は59トンで前年同月比70.1%減、金額39.9百万円で同64.2%減。中型トロールは操業日数9日・水揚げ回数9回で、前年より日数1日減・回数2回減。数量478トンで前年同月比57.8%減、金額85百万円で同25.6%減。主体のスケトウダラの水揚げが伸び悩み、中型トロール全体の落ち込みにつながった。小型トロール(16トン・7.9百万円)と合わせて、トロール全体では、553トン・133百万円で、それぞれ前年同月比58.9%減・42.1%減だった。
(建設業)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸建設業協会の官公庁工事新規受注高は、市発注工事が大幅に減少し前年同月比28.6%減と4カ月連続で前年を下回った。地元建設業者(5社)の民間工事は、建設が前年同月比で大幅に減少したことで同53.5%減となった。
  • 青森地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、受注件数が少なかったことから、前年同月比26.0%減と4カ月連続で前年を下回った。民間工事は、社屋新築工事、改修工事があったが、前年の受注が多かったことから、同20.1%減と4カ月連続で前年を下回った。
  • 十和田地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、土木工事が増加したことから、前年同月比31.8%増と4カ月振りで前年を上回った。民間工事は、建築・土木工事が増加したことから、同14.8%増と5カ月連続で前年実績を上回った。
(鉄工業 八戸地区)※詳細はこちら
  • 地元業者(7社)の鉄骨工事の新規受注高は62百万円で、前年同月比5.1%増だった。受注残高は前年同月比91.6%減の209百万円だった。製缶工事の新規受注高は198百万円で、前年同月比273.6%増、受注残高は前年同月比52.6%減の510百万円だった。
(個人消費)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸保健所管内での新型コロナウイルスの感染者数が、3月の3,463人から2,893人と減少し、個人消費にやや上向きの傾向がうかがえる。大型小売店4店の売り上げは、前年同月比1.8%増と6カ月ぶりにプラスに転じた。また、一昨年比でも4カ月ぶりに増加に転じ増加幅も38.2%増と大きく伸ばした。
  • 青森地区では、行動制限解除等で新型コロナ感染の外出自粛ムードが和らいだことから、商店街への客足が増加し、前年を上回る売り上げとなった店舗が多い。大型小売店(2店)の売上高は前年同月比7.1%増と6カ月ぶりで前年を上回り、前々年対比では31.9%増と大幅に増加した。
(雇用)※詳細はこちら
    各地区の有効求人倍率(全数)
  • 八戸地区    1.28倍(前年比0.03ポイント増 前月比0.09ポイント減)
  • 青森地区    1.10倍(前年比0.15ポイント増 前月比0.01ポイント減)
  • 十和田地区 1.18倍(前年比0.09ポイント増 前月比0.09ポイント減)
(金融機関コード:1105)
〒031-0086 青森県八戸市大字八日町18番地
ホームページからのお問い合わせ
Copyright © All Rights Reserved.