青い森信用金庫トップ

  • このサイト内を検索

インターネットバンキング

おすすめ商品
経済概況
(漁業 八戸港)※詳細はこちら
  • 八戸港の水揚げ数量は、6,588トン(前年同月比52.8%減少)、金額は1,488百万円(同36.3%減少)。例年以上に盛漁時期が遅れたサバの漁場が早々に南下したことによる水揚げ減少と不漁による船凍スルメイカの大幅な水揚げ減少が影響した。イワシの水揚げも数量金額ともに昨年比で大きく減少となった。
(水産加工 八戸地区)※詳細はこちら
  • サバを取り扱う加工業者は一定期間分の原料確保はできたが、水揚げが続かなかったことから次期盛漁期までの原料確保までには至っていない。
(建設業)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸建設業協会の官公庁工事新規受注高は、県発注分の受注が少なく前年を下回った。地元建設業者(6社)の民間工事は、県外での建設工事受注がみられ前年から増加した。11月の住宅着工戸数は、持家と分譲が落ち込み3カ月連続で減少。
  • 青森地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、低水準だった前年から大幅な増加となった。民間工事も、前年が低水準な実績だったことから大幅な伸びとなった。11月の住宅着工戸数は、持家や貸家・分譲ともに前年から増加し、2カ月ぶりに前年を上回った。
  • 十和田地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、建築土木ともに増加し、全体では前年を306.3%上回った。民間工事も建築土木ともに増加し、全体では前年を178.3%上回った。11月の住宅着工戸数は、前年同月比で持家が11戸、貸家が20戸、分譲が10戸それぞれ減少し、全体で41戸の減少となった。
(鉄工業 八戸地区)※詳細はこちら
  • 地元業者(8社)の鉄骨工事は、前年実績には及ばず新規受注高は前年を下回った一方、受注残高は4カ月連続で前年を上回った。製缶工事は、受注件数が少なく低水準な受注高だったことから、新規受注高はマイナスに転じ受注残高も5カ月連続で減少した。
(個人消費)※詳細はこちら
  • 八戸地区は、大型小売店(5店)の売上は、増税前駆け込み需要の反動が高価格帯商品を中心に残っている。また、降雪日が少なく防寒着や防寒靴などの売上も伸びず、全体では前年同月を10.3%下回り3カ月連続でマイナスとなった。
  • 青森地区は、降雪が例年より少なく積雪ゼロの日が続くなど、暖冬の影響から冬物への需要は少なかった。大型小売店の売上高は、高額品が増税前の駆け込み需要の反動はみられたが、リニューアル効果やテナントの増加もあり同7.9%増と前年を上回った。
(雇用)※詳細はこちら
  • 各地区の有効求人倍率(常用)
  • 八戸地区    1.69倍(前年比0.16ポイント増 前月比0.07ポイント増)
  • 青森地区    1.10倍(前年比0.28ポイント減 前月比0.01ポイント増)
  • 十和田地区 1.55倍(前年比0.15ポイント減 前月比0.12ポイント減)
(金融機関コード:1105)
〒031-0086 青森県八戸市大字八日町18番地
ホームページからのお問い合わせ
Copyright © All Rights Reserved.