青い森信用金庫トップ

  • このサイト内を検索

インターネットバンキング

おすすめ商品
経済概況
(漁業 八戸港)※詳細はこちら
  • 6月の八戸港の水揚は、前月のマダラ・スケトウダラに加え、スルメイカ・マイワシの水揚げもあり、数量で前年同月比119.8%増の1,862トン、水揚げ金額も前年同月比39.0%増の335百万円となった。
(水産加工 八戸地区)※詳細はこちら
  • サバ缶の販売数量は、5月より減少したが、イカ缶詰・サンマ缶詰の荷動きは前月より良い。国内外食向けの〆サバは前年の5割程度に戻すも、6月に再開された輸出は低調。
(建設業)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸建設業協会の官公庁工事新規受注高は、受注件数は減少したものの国と県の受注が伸び前年を上回った。地元建設業者(6社)の民間工事は、低水準な実績となり前年を下回った。5月の住宅着工戸数は、4カ月連続で前年を下回った。
  • 青森地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、建築工事の受注が少なく7カ月ぶりに前年を下回った。民間工事は、土木工事の受注はなかったが4カ月連続で前年を上回った。5月の住宅着工戸数は、持家・貸家共に伸びず2カ月連続のマイナスだった。
  • 十和田地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、前年が高水準な実績だったことから4カ月ぶりに前年を下回った。民間工事は、土木工事が伸びたものの前年実績には及ばなかった。5月の住宅着工戸数は、持家が前年からほぼ半減し4か月ぶりのマイナス。
(鉄工業 八戸地区)※詳細はこちら
  • 地元業者(8社)の鉄骨工事は、受注件数が少なく受注高は伸びず、新規受注高は2カ月連続で前年を下回った一方、受注残高は10カ月連続で前年を上回った。製缶工事は、新規受注高が2カ月連続で前年を下回ったが、受注残高は4カ月連続のプラスだった。
(個人消費)※詳細はこちら
  • 八戸地区は、特別定額給付金の支給の効果が持続し、家電・家具等を中心に個人消費は回復の基調。大型百貨店も来客数・売上が前月より増加し、売上は前年同月比で▲2.6%まで持ち直している。
  • 青森地区は、特別定額給付金支給もあり、外出自粛解除後には来店客数は回復傾向であり、前年を上回る売上・来店客数となった店舗も見受けられた。大型小売店の売上高は、3月以降2桁のマイナスだったが、前年同月比5.3%減少まで回復した。
(雇用)※詳細はこちら
  • 各地区の有効求人倍率(常用)
  • 八戸地区    1.28倍(前年比0.24ポイント減 前月比0.01ポイント減)
  • 青森地区    0.74倍(前年比0.26ポイント減 前月比0.01ポイント増)
  • 十和田地区 1.02倍(前年比0.39ポイント減 前月比0.05ポイント減)
(金融機関コード:1105)
〒031-0086 青森県八戸市大字八日町18番地
ホームページからのお問い合わせ
Copyright © All Rights Reserved.