青い森信用金庫トップ

  • このサイト内を検索

インターネットバンキング

おすすめ商品
経済概況
(漁業 八戸港)※詳細はこちら
  • 八戸港の水揚げは、しけが多く操業日数が限られたことが影響し数量634トン(前年同月比19.4%減少)、金額は258百万円(同22.9%減少)。数量、金額ともに過去10年で最低となった。特に船凍スルメイカの大幅な水揚げ減少が影響した。
(水産加工 八戸地区)※詳細はこちら
  • 〆サバを取り扱う加工業者は年末年始にかけて例年以上の売上が確保できた。また、輸入品に押されていたサバ缶製造も徐々に回復基調となってきた。
(建設業)※詳細はこちら
  • 八戸地区では、八戸建設業協会の官公庁工事新規受注高は、県発注分の増加から前年を大きく上回った。地元建設業者(6社)の民間工事は、受注件数が少なく低水準な実績となった。12月の住宅着工戸数は、持家と貸家、分譲ともに伸びず4カ月連続で減少。
  • 青森地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、大型工事受注がみられ前年から大幅な増加となった。民間工事は、低水準な実績だった前年実績を上回った。12月の住宅着工戸数は、持家は増加したが、貸家・分譲が減少し2カ月ぶりに前年を下回った。
  • 十和田地区(5社)の官公庁工事新規受注高は、低水準だった前年から回復傾向が見られ建築土木ともに増加し、全体で前同月比1,576.9%上回った。民間工事も同様に建築土木ともに増加、全体で同99.9%上回った。12月の住宅着工戸数は、持家と貸家が減少、分譲と給与住宅は増加。全体で前年同月比10戸の減少となった。
(鉄工業 八戸地区)※詳細はこちら
  • 地元業者(8社)の鉄骨工事は、小口工事中心だったことから新規受注高は前年実績を割り込んだ一方、受注残高は5カ月連続で前年を上回った。製缶工事は、受注件数が少なく新規受注高は前年実績から半減し、受注残高は6カ月連続で前年割れが続く。
(個人消費)※詳細はこちら
  • 八戸地区は、大型小売店(5店)の売上は、初売りや独自ポイント還元催事等で売上高は戻り傾向ではあるが、降雪日が少なく暖冬でコートやジャケットなどの重衣料が伸びず、全体では前年同月を4.3%下回り4カ月連続でマイナスとなった。
  • 青森地区は、積雪が例年よりかなり少なく気温も高くなるなど暖冬の影響を受け、冬物商戦は振るわなかった。大型小売店の売上高は、初売りは盛り上がりを欠いたが、暖冬の影響で春物衣料が動き出し、テナントの増加もあり同9.2%増と前年を上回った。
(雇用)※詳細はこちら
  • 各地区の有効求人倍率(常用)
  • 八戸地区    1.58倍(前年比0.04ポイント増 前月比0.11ポイント減)
  • 青森地区    1.02倍(前年比0.34ポイント減 前月比0.08ポイント減)
  • 十和田地区 1.37倍(前年比0.29ポイント減 前月比0.18ポイント減)
(金融機関コード:1105)
〒031-0086 青森県八戸市大字八日町18番地
ホームページからのお問い合わせ
Copyright © All Rights Reserved.